これでもう抜け漏れなし!【引っ越しの住所変更するものリスト】

引っ越しが決まって次は住所変更。でも多すぎて何から手を付けていいか分からないですよね。手続き漏れがあると後々面倒な事もあるので忘れずに行いたいものです。

そういう時は変更するものをリストとしてあげておくと忘れずに行えます。手順良く行えるよう、引っ越し前から引っ越し後のスケジュール順にお伝えするので是非参考にしてください。

住所変更で必要な手続きとは?

住所変更で必要な手続きは大まかに5つに分けられます。

・役所で行う手続き

電気ガス水道関係・

・車関係

金融関係

その他です。

役所で行う手続き

住所の変更の際にまず行かなければいけないのは役所です。役所での手続きが多くて一番大変だと思います。

私も引っ越しの際についうっかり手続き漏れがあって何度も役所を往復した思い出があります(笑)

転出届の提出、国民健康保険の資格喪失手続き、印鑑登録の抹消などなど、、

お子さんが公立の学校に通っている方は転校手続きも必要なので忘れずに行いましょう!

引っ越し前の役所で行う手続きを忘れていると、引っ越しした後に旧住所の役所まで行かなければいけなくなることもあるので注意しましょう。

電気ガス水道関係

いつ住所が変更になるか手続きをしておかないと、引っ越し先ですぐに使う事ができなくなってしまうので注意しましょう。

会社にもよりますが、インターネットで簡単に変更できる所もあるので確認してみましょう。

車関係

運転免許証自動車保険車検証自動保管場所証明書自動車保険の住所変更を行いましょう。

自動車保管場所、自動車車検証の住所変更を忘れてしまうと10万円以下の罰金になってしまうので注意してください。

金融関係

銀行クレジットカード保険会社の住所変更も忘れずに行いましょう。

忘れてしまうと重要書類が前の住所に届いてしまう事もあるので注意しましょう。

その他

楽天やAmazonなどの各ショッピングサイトなども忘れずに住所変更を行いましょう。

忘れていてうっかり前の住所に送られてしまう、なんてことがないようにしましょう。

[char no=”1″ char=”一郎”]住所変更の手続きってたくさんあるんだね。何からやれば良いんだろう。[/char] [char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]引っ越し前引っ越し後でリストを作っていくと効率良く進められるよ。今からスケジュール順に紹介していくね。[/char]

引っ越し前に行う事リスト

引っ越しが決まったら早めに行っていただきたいのは以下の3つです。

①使用しているインターネットのプロバイダーの移転手続き

②固定電話の移転手続き

③郵便局に転送届を出す

以上の3点は手続きしてすぐに反映されるわけではないので出来るだけ早めに行っておきましょう。何日から新しい住所になります、という日付指定も行えます。

引っ越し2~1週間前に行う手続き

引っ越しの2週間を切ると役所での手続きが多くなります。うっかり忘れてたなんて事がないように予め段取りをしっかりと取っておきましょう。

役所で行う手続き

①転出届を提出

②印鑑の登録廃止

③国民健康保険の廃止

原付の廃車手続き

児童手当の住所変更手続き

⑥自動車保管場所証明書

⑦自動車車検証

手続きの際に必要な物

・本人確認書類(運転免許証、パスポート等)

・印鑑

・転居する全員分のマイナンバーカード

一つでも忘れると手続きが出来なくなってしまうので忘れずに持っていきましょう。

ライフラインでの必要な手続き

・電気、ガス、水道の使用停止開始手続き

・郵便局に住所変更の手続き

手続きが有効になるまで1週間はかかるので早めに行いましょう。手続きの際は現住所が分かる本人確認書類が必要です。

・固定電話の変更手続き

・携帯電話の住所変更手続き

・NHKなどの通信関係

引っ越し後に行う事リスト

引っ越しがようやく終わった~!でも気を抜いてはいけません。

引っ越し後も各手続きがあり、忘れてしまうと過料が発生してしまう物もあるので忘れずに行いましょう。

役所で行う手続き

①転居届

②転入届

③印鑑の登録

④マイナンバーの住所変更

⑤国民健康保険の加入

⑥国民年金の住所変更

⑦学校の転校手続き

⑧車庫証明の取得申請

警察署で行う手続き

①免許証の住所変更の手続き

②自動車の住所変更手続き

手続きの際は、新しい住所の車庫証明自動車検査証が必要なので、忘れずに持っていきましょう。

その他

①クレジットカードの住所変更

②銀行口座の住所変更

③会社の健康保険や厚生年金の変更手続き

会社員の方は、社内の担当部署に住所が変わったことを速やかに報告しましょう。

④各ショッピングサイトの住所変更

まとめ

・抜け漏れがないように引っ越し前引っ越し後とスケジュールを組んで住所変更に取り組む。

・忘れてしまうと罰金を取られてしまう物もある。

・役所での手続きの際には、本人確認書類(パスポート、免許証等)印鑑家族分のマイナンバーカードを忘れずに持っていく。一つでも忘れてしまうと手続き出来ない物あるので注意が必要。

引っ越しの際はただでさえやる事が多いのに手続きもこれだけあると大変ですよね。

でも、このようにスケジュールを組んで行う事で効率良く、住所変更が出来るので、他の引っ越し作業もスムーズに行う事が出来ると思います。

是非、参考にしてしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です