引っ越ししたらどこで車庫証明住所変更の手続きをするの?

引っ越しお疲れさまでした。
引越し後忘れてはいけない事があります。
それは車庫証明の住所変更。
どこで手続きをどのように行うのかを書いていきたいと思います。

そもそも車庫証明とは?
「自動車保管場所証明書」の略で車を保管する場所をきちんと
確保している事を証明する書面と共に、車をどこに保管するか届け出る事で
警察署から確かに道路以外の場所に車庫を確保しているという証拠にも
なるのです。

[char no=”2″ char=”花子”]車庫証明ってそういう意味だったんですね。[/char] [char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]そうです。なので引っ越しをしたら住所変更をしなければなりません。その前に車庫証明の交付を受ける為にはこれから借りる車庫が全て要件を満たしているかどうか確認が必要です。[/char]
車庫証明を受ける為の要件

車の保管場所が自宅まで直線距離で2キロ以内である事。

保管場所は車全体を収容でき、道路への出入り口をさえぎらない事。

[char no=”2″ char=”花子”]受ける為に要件もあるんですね。初めて知りました。[/char] [char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]そうです。この要件を全て満たしている必要があります。[/char] [char no=”2″ char=”花子”]そういえば車庫証明の住所変更を行わないとどうなるんですか?[/char] [char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]住所変更日から15日以内に車庫証明の再取得が必要でその期限内に手続きをしないと10万円以下の罰金刑を処される可能性があります。[/char] [char no=”2″ char=”花子”]罰金刑に処される可能性があるんですね。車庫証明の住所変更の手続きはどうすればいいんですか?[/char] [char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]それでは車庫証明の住所変更の手続きについてお話します。[/char]

車庫証明の手続き方法

手続きは取得と同じく新しい住所を管轄している警察署で行う必要があります。
受付時間は平日9時から17時です。

多忙で時間が取れないっていう方は警察署のウェブサイトで
書類をダウンロードする事ができます。
家族や親せきなどが代理人として手続きをする事ができます。

車庫証明の住所変更に必要な書類

〇保管場所証明申請書(2通)
軽自動車は保管場所届出書

〇保管場所標章交付書(2通)

〇車庫の所在図・配置図(1通)

〇自認書(保管場所使用権原疎明書面)または保管場所使用承諾証明書
自認書は警察署で入手し自分で記入する。
保管場所使用承諾証明書駐車場の管理者に記入してもらます。

〇駐車場の賃貸契約書
賃貸駐車場を利用する場合に必要です。
貸主、借主の氏名および保管場所の住所と契約期間
申請日より1ヶ月以上の期間である事)が記載されたもの。

〇使用の本拠の位置が確認できるもの
住民票、保険証、住所変更済みの運転免許証、
水道光熱費等の公共料金の領収書。

〇印鑑
家族や親せきなど代理人が書類を提出した際に書類の訂正を求められる事があります。
その場で訂正できるように訂正印として書類に捺印したものと同じ
印鑑
を持って行く事を忘れずにお願いしましょう。

賃貸の場合は管理会社が対応してくれる事もある。

書式について警察署ごとに用意されていて賃貸アパート、マンションの
貸主である大家さんや管理会社の署名、捺印が必要です。

最寄りの警察署の書式を大家さんか管理会社が保管している可能性が
高い為、車庫証明を取得したい旨を伝えれば書類を出してくれるのが
一般的です。
ただし管理会社によっては書類の発行手数料として数千円程度請求される
可能性がある
ので事前に確認しましょう。

 

[char no=”2″ char=”花子”]車庫証明の住所変更も終わった![/char] [char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]花子さんまだですよ。もう1つ忘れていますよ。[/char] [char no=”2″ char=”花子”]もう1つ?[/char] [char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]車検証の住所変更も一緒に行った方が良いです。[/char]

車検証の住所変更

[char no=”2″ char=”花子”]車検証の住所変更もした方がいいんですね。[/char] [char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]はい。住所変更をしないと大変な事になります。[/char]
手続きをしないと・・・。

リコール通知を受け取る事ができない。

各書類(税金や保険など)が届かない。

期日までに支払いをしないと延滞金が発生する。

[char no=”2″ char=”花子”]住所変更しないと大変な事になりますね。[/char]

 

[char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]そうです。車検証の住所変更の手続きについてお話します。[/char]

車検証の住所変更の手続きに必要な書類(普通自動車)

普通自動車は陸運局で行います(土日祝、年末年始は休み)

陸運局の全国運輸支局一覧(国土交通省公式HP)

「申請に必要な書類」

〇申告書

〇手数料納付書(自動車検査登録印紙に添付)

〇変更の事実を証する書面
・住所変更があった場合
住民票(発行後3ヶ月以内のものでマイナンバーが記載されていないもの)
・住居表示変更通知書等
2回以上転居している場合は住所のつながりが証明できる住民票の除票
または戸籍の附帯も必要です。

「所有者・使用者が同一の場合(上記「申請に必要な書類」に加えて)」

〇所有者の印鑑
所有者本人が直接申請するときは認印、
代理人が申請するときは代理人の記名でよい。

〇所有者の委任状
代理人による申請をう場合は認印を押印、
本人が直接申請する場合は不要。

〇使用者の住所を証する書面
住民票(マイナンバーが記載されていないもの)
印鑑証明書

〇使用者の印鑑
使用者本人が直接申請するときは認印、
代理人が申請するときは代理人は記名でよい。

〇使用者の委任状
代理人による申請を行う場合は認印を押印、
使用者本人が直接申請するときは不要。

〇使用者の自動車保管場所証明書
住所等を管轄する警察署より証明を受けたもので概ね1ヶ月以内のもの
※使用の本拠の位置の変更になり且つ自動車保管場所証明書適用地域の
場合に限り必要。

「所有者と使用者が異なる場合(上記「申請に必要な書類」に加えて)」

〇所有者の印鑑
所有者本人が直接申請するときは認印、
代理人が申請するときは代理人の記名でよい。

〇所有者の委任状
代理人による申請をするときは認印を押印、
本人が直接申請するときは不要。

〇使用者の住所を証する書面
住民票(マイナンバーが記載されていないもの)
印鑑証明書

〇使用者の印鑑
使用者本人が直接申請するときは認印、
代理人が申請するときは代理人の記名でよい。

〇使用人の委任状
代理人による申請を行う場合は認印を押印、
使用者本人が直接申請するときには不要。

〇使用者の自動車保管場所証明書
住所等を管轄する警察署により証明を受けたもので概ね1ヶ月以内のもの
※使用の本拠の位置が変更になり且つ自動車保管場所証明書適用地域の場合に
限り必要。

〇自動車損害自賠責保険
使用者が変わらない時は不要。

引用:国土交通省公式HP

車検証の住所変更の手続きの流れ

〇陸運局で書類を入手。
当日陸運局では、手数料納付書、自動車税・自動車取得税申告書、
申請書が入手できるので記入例を見ながら記入していきます。

〇印紙販売窓口で印紙を購入。
住所変更の場合は登録手数料として350円かかります。
印紙販売窓口でその分の印紙を購入し、手数料納付書に貼ります。

〇窓口に必要書類を提出。
前もって用意してきた車庫証明書や当日記入した申請書など
住所変更に必要な書類一式を提出します。
書類の点検等が行われて窓口で名前が呼ばれるまで待ちます。
月末等の混雑する時期だと長時間待つ事になるので時間に余裕が
ある日に手続きをしましょう。

〇車検証の交付。
不備等がなければ新しい車検証の交付になります。
記載内容に間違いがないかチェックしましょう。

〇自動車税事務所に変更内容の申告。
自動車税の納付通知書が新しい住所に送られるよう陸運局内に
あるので住所変更の旨を伝えます。
その際、変更内容が記載された「自動車税・自動車取得税申告書」
と新たに交付された「車検証」を提出します。

〇ナンバープレートの変更・封印
ナンバープレートの取り替えをします。
使用していたナンバープレートを取り外し、陸運局内にある返納窓口に
返却し、新しいナンバープレートを交付窓口で購入します。
希望ナンバー、図柄ナンバーを事前に申告していた方もここで受け取る事
ができます。
車検証の記載内容と自動車が同一であるか確認され問題がなければ
封印します。

これで住所変更は完了です。

車検証の住所変更にかかる費用

〇登録手数料350円

〇ナンバープレート代1500円
希望ナンバーは3900円から5200円
図柄ナンバーは7000円から9200円

〇車庫証明書2500円から3000円
(地域によって異なります)

車検証の住所変更の手続きに必要な書類(軽自動車)

軽自動車は軽自動車検査協会で行います。

管轄の軽自動車検査協会一覧(軽自動車検査協会公式HP)

「申請に必要な書類」

〇車検証

〇車検証に記載の使用者の印鑑

〇所有者の印鑑(使用者と所有者が異なる場合)

〇使用者の住所を証する書面
発行されてから3ヶ月以内のいずれか1点が必要
住民票の写し(マイナンバーが記載されていないもの)
印鑑登録証明書
※コピーでも可
※複数ページで交付された書面の場合は全ページをお持ちください。

〇ナンバープレート
※自動車検査証に記載されている使用の本拠の位置の
管轄に変更がなければ不要。
※管轄が変更になる場合はナンバープレート代が別途必要。

〇自動車検査証記入申告書(軽第一様式)
窓口で入手できます。

〇軽自動車税(種別割)申告書(報告書)
窓口で入手できます。

〇申請手数料は無料。

〇車庫届出地域にお住まいの場合は保管場所使用承諾書などの
書類が必要。

引用:軽自動車検査協会公式HP

車検証の住所変更の手続きの流れ

〇必要書類を持参して来所します。

〇窓口にて配布している自動車検査記入申告書と
軽自動車税申告書の記入をします。

〇書類整備確認窓口で各書類の確認を行います。

〇ナンバー取り扱い窓口で旧ナンバープレートを返却します。

〇申請書受付窓口で各書類を提出して車検証の交付を受けます。

〇地方税申告窓口で軽自動車税の申告をします。

〇ナンバー取り扱い窓口で新しいナンバープレートを受け取ります。

これで住所変更の手続きは完了です。

車検証住所変更にかかる費用

〇ナンバープレート代
1470円から1900円、希望ナンバーは4100円から4480円
と地域によってばらつきがあるため事務所で確認しましょう。

[char no=”2″ char=”花子”]軽自動車は地域によってナンバープレート代にばらつきがあるんですね。[/char] [char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]そうですね。なので確認をとった方が良いですね。[/char] [char no=”2″ char=”花子”]車検証の名義がディーラーやローン会社になっている場合はどうしたらいいですか?[/char] [char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]良い質問ですね。お話しましょう。[/char]

車検証の名義がディーラーもしくはローン会社になっている場合

ローンで自動車を購入した場合、ローンを支払い終えるまでは
名義がディーラーもしくはローン会社になっています。

この場合自分で住所変更をする場合、ディーラーもしくはローン会社から
の委任状をもらう必要があります。

委任状を請求して届くのを待ってから変更作業を行います。

車検証の名義がディーラーもしくはローン会社になっている場合
基本的にディーラーにお任せしましょう。
もしローンの返済が終わっている場合はこのタイミングで所有者の
名義変更も一緒に行いましょう。

[char no=”2″ char=”花子”]時間取るのが厳しい人や依頼できる代理人がいない場合はどうしたらいいですか?[/char] [char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]その場合はディーラーに依頼しましょう。[/char]

ディーラーに依頼する場合

車庫証明書の申請手続き

〇自動車保管場所証明書(軽自動車は保管場所届出書)

〇保管場所の存在図・配置図

〇保管場所使用権原疎明書(自己所有の土地に駐車している場合)

〇保管場所使用承諾証明書
(駐車場を借りている場合。駐車場契約書のコピーでも可の場合あり)

〇収入印紙(窓口で購入)

〇住民票または印鑑証明書

〇印鑑(認印で可)

自動車検査証(車検証)の住所変更の手続き

〇自動車検査証(車検証)

〇申請書
(OCRシート。陸運局、軽自動車検査協会にて入手)

〇手数料納付書
(印紙は陸運局で販売)

〇自動車保管場所証明証
(車庫証明書。警察署で発行されて1ヶ月以内のもの)

〇新住所を証明する住民票など
(発行後3ヶ月以内のもの)

〇自動車税申告書
(陸運局、軽自動車検査協会にて入手)

〇印鑑(認印で可)

お問い合わせ先
日産お客さま相談室 0120-315-232

引用:日産自動車公式HP

費用について

ディーラーに依頼すると20000円から50000円前後です。
車検証の住所変更に伴うナンバー変更が必要な時は
陸運局に車を持ち込む必要があり、作業は1日あればできますが
書類作成が複雑なんで手数料は高めに設定されています。

まとめ

車庫署名書を受ける為の要件、どこで車庫証明書を取ればいいのか、一緒に行った方が良い車検証の住所変更、ディーラーに依頼する場合についてお話しました。

  • 車庫証明書は新住所を管轄する警察署で手続きをしましょう。
  • 車庫証明書の住所変更の手続きをしたら一緒に車検証の住所変更の手続きも行いましょう。
  • 普通自動車は陸運局、軽自動車は軽自動車検査協会と別々になっています。
  • 使用者が同一の場合と所有者と使用者が異なる場合は準備する書類が異なります。
  • 車検証の住所変更の時は普通車と軽自動車で準備する書類が異なります。
  • 車検証名義がディーラーもしくはローン会社になっている場合、自分で手続きする時はディーラーもしくはローン会社の委任状が必要です。
  • 時間がなくて厳しい方もしくは依頼する代理人がいない方はディーラーに依頼する事ができます。
  • ディーラーは費用が高めに設定されています。

車庫証明書の住所変更の手続きをしたら車検証の住所変更の手続きも忘れずに行いましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です