引越し手続きしたら車庫証明の住所変更は必要?変更しないと罰金⁉

引っ越しって大変ですよね。特に車の引っ越しもいろいろと手続きが多くてややこしいと思います。今回はそんなややこしい車庫証明の住所変更について説明していきますね。

車庫証明の住所変更ってなんだか難しくてめんどう…必要なのかな?やらなくてもいいかな?なんて思わないでください!

住所変更をせず、発覚した場合、違反、罰金など予期せぬトラブルを招いてしまいます。

この記事を読んでそんな恐ろしいことにならないようにしっかり手続きをして気持ちのいい引っ越しにしましょう。

車を保管する場所は2キロ以内

車庫証明とは

[char no=”1″ char=”一郎”]車庫証明ってなんですか?引っ越ししたのは初めてなのでよくわかりません。[/char] [char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]車庫証明とは、車を保管している場所を2キロ以内でしっかり確保していますという証明書です。その車の所有者の住所が変わった場合は、車庫証明も住所変更しなければなりません。[/char] [char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]まれに月極駐車場の料金ばかりを気にして家から2キロ以上離れてしまって、車庫として認められない人がいるようです。借りる駐車場の場所には注意してくださいね。車庫を探すときはアットホームの駐車場の検索が便利ですよ。[/char]

変えないと罰金を取られる

[char no=”1″ char=”一郎”]めんどくさいなー。手続きをしないとダメですか?[/char] [char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]住所変更をしないと10万円以下の罰金をとられますよ![/char]
違反内容・罪名 罰則
虚偽の保管場所証明申請 20万円以下の罰金
保管場所の不届け、虚偽届出 10万円以下の罰金
道路を車庫代わり使用 3ヶ月以下の懲役又は20万円以下の罰金
違反点数は3点
道路における長時間駐車 20万円以下の罰金
違反点数は2点

参照 MO-TA

[char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]罰金のほかにもデメリットがあるので、説明しますね。[/char]
車庫証明の住所変更しないと起きるデメリット
  • 10万円以下の罰金
  • 自動車税のおしらせが新しい住所に届かない
  • 前の車庫の保証金が返却されない場合がある
  • 自動車保険が適応されないケースがある

車庫証明の住所変更はどこですればいい?

[char no=”1″ char=”一郎”]車庫証明の住所変更ってどこで手続きをすればいいんですか?役所?[/char] [char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]市役所ではなく、駐車場所(保管場所)の最寄りの警察署ですよ。[/char]

住所変更後15日以内に再取得しないとダメ

[char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]車庫証明の住所変更は引っ越し後から15日以内にすることが義務になっています。[/char] [char no=”1″ char=”一郎”]まだ引っ越してから1週間しか経ってないからもうちょっと後にしても大丈夫かな。[/char] [char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]一郎君、ちょっと待ってください!車庫証明は手続き後すぐに変更できるというわけではないんですよ。車庫証明の住所変更して1週間程度かかりますよ。[/char] [char no=”1″ char=”一郎”]えっ、そうなんですか!?それは早めに手続きしておかないとやばいですね…。もし、15日過ぎてしまった場合はどうしたらいいですか?[/char] [char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]15日過ぎても手続きしていない場合は、警察署で手続きをしていないことを相談して、住所変更の手続きを行ってください。[/char]
車庫証明に必要な書類
  • 自動車保管場所証明申請書(軽自動車は保管場所届出書)
  • 保管場所標章交付申請書
  • 保管場所の所在図と配置図
  • 保管場所使用権原疎明書面(自分の土地で使用する場合)
  • 保管場所使用承諾書(駐車場を借りる場合)
  • 賃貸契約書のコピー(保管場所使用承諾書がある場合は不要)
  • 収入印紙
  • 印鑑
[char no=”1″ char=”一郎”]うわあ…。こんなに必要な書類があるんですね。[/char] [char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]たくさんありますが、ほとんどの書類は警察署で用意してくれますよ。一応、ひとつひとつ説明していきますね。[/char]

自動車保管場所証明申請書(軽自動車は保管場所届出書)

車を保管する場所を申請する書類です。車のメーカー名、型式、車体番号、車の大きさや、保管場所の情報を記載してあります。

軽自動車なら保管場所届出書を提出します。

[char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]必要な書類は警察庁のサイトでダウンロードもできますよ。ですが自分で印刷すると複写式にならないので、同じ書類を二度書かなくてはいけなくなり、かえって手間になります。警察署へ行ったら書類を用意してもらえますので、[/char]

保管場所標章交付申請書

車の保管場所があることを証明する車に貼る標章の申請書です。

[char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]よく車の後ろのガラスに貼ってあるシールのようなものありますよね?[/char] [char no=”1″ char=”一郎”]あ、親の車で見たことあります!あれが保管場所標章なんですね[/char] [char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]書いてある内容は自動車保管場所証明申請書とほぼ同じです。これは保管場所がちゃんとありますよという証拠なので、もらったら必ず車の後ろのガラスに貼りましょう。[/char]

保管場所の所在図と配置図

[char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]所在図は保管場所の近くの建物や、目印となる建物、使用する場所(家や会社など)からの距離や方角を書き記すものです。[/char] [char no=”1″ char=”一郎”]それって自分で書かなきゃいけないんですか?地図とかうまく書けないんですけど…[/char] [char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]使用する場所が分かればいいので、地図をコピーしたものでも大丈夫ですよ。[/char] [char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]配置図は保管場所の入口や、道路などの大きさを表示するものです。[/char]

保管場所使用権原疎明書面(自分の土地で使用する場合)

[char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]自分の持っている土地で車を保管する場合は、保管場所使用権原疎明書面が必要です。保管場所である土地が自分のものか証明するために、署名と捺印をします。[/char] [char no=”1″ char=”一郎”]アパートやマンションの場合は別の書類ですよね?[/char] [char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]はい、もちろんです。[/char]

保管場所使用承諾書(駐車場を借りる場合)

[char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]アパートやマンションなどで駐車場を借りる場合は、保管場所使用承諾書を出す必要があります。簡単に言うと、駐車場を借りる許可証のようなものです。[/char]

賃貸契約書のコピー

[char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]賃貸契約書のコピーは保管場所使用承諾証明書を持っていない場合、代わりに提出すれば大丈夫ですよ。[/char]
賃貸契約書を提出する場合
  • 貸主、借主の名前が記載されている
  • 保管場所の住所が記載されている
  • 契約期間が申請日より一カ月以上
[char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]賃貸契約書を提出するときは必要事項が記載してあるか確認してから提出しましょう。[/char]

収入印紙、印鑑

[char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]収入印紙は警察署でも購入できます。200円なので、小銭を用意しておくとスムーズに手続きができますよ。[/char] [char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]印鑑は認め印で大丈夫です。忘れないように注意しましょう。[/char] [char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]説明した書類のほとんどは警察署で車庫証明書の住所変更がしたいと言えば用意してくれます。[/char]
警察署で手続きするのに自分で用意するもの
  • 印鑑(認め印)
  • 手数料(標章交付手数料代500円+申請手数料約2,100円(場所によって変わる)+収入印紙200円=約2,800円)
  • 新しい住所のメモ又は賃貸契約書のコピー
  • 借りる場所の名前や住所がわかるもの
  • 駐車場から自宅までの地図のコピー(分かりやすくマーカーで印をつける)
[char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]こちらは最低限必要です。用意していかないと手続き出来なくて、また警察署に行かなくてはならなくなるので二度手間です。しっかり準備してから行くといいですよ。[/char] [char no=”1″ char=”一郎”]手数料もかかるんですね。[/char] [char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]はい、全部が無料で手続きできるわけではないので注意してください。最近はクレジットカードやスマホ決済で現金を持ち歩かない人が増えていますが、警察署や役所関係は現金での対応しかできないので、手続き関係は現金を持っていきましょう。いざという時に困りますよ。[/char]

引っ越し先で車の住所変更と車庫証明!イチから教える手続きの手順!

[char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]引っ越し先に車を持っていったときは車庫証明以外にも車検証などの変更も合わせてしなくてはいけません。こちらの記事も合わせて読んでみるとスムーズに手続きできますよ。[/char]

同市内でも住所変更は必要?

[char no=”1″ char=”一郎”]前のアパートから徒歩5分くらいのところに引っ越しして、借りている駐車場は変わらないんですけど、それでも車庫証明の住所変更はしなきゃいけないですか?[/char] [char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]例え歩いて5分の場所に引っ越ししたとしても、持ち主である一郎くんの住所が変われば住所変更は必要です。[/char]
必要なもの
  • 保管場所の変更届
  • 所在図・配置図
  • 標章交付申請書
  • 使用承諾証明書
  • 印鑑

賃貸マンション、アパート内の駐車場を使う場合

[char no=”1″ char=”一郎”]賃貸マンションに引っ越しして、そこのマンション内の駐車場を借りたいんですけど、そういう場合、車庫証明って必要ですか?どうすればもらえますか?[/char] [char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]車を持っている以上、車庫証明は必要ですよ。借りる車庫が条件にあっているかを確かめましょう。[/char]

賃貸の場合は不動産屋が駐車場までの地図を用意してくれることもある

[char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]これらの条件がすべてそろっていないと車庫証明が認められないので注意しましょう。自宅の駐車スペースなど、車が少し車庫からはみ出ているせいで条件に当てはまらないということがあるようです。[/char] [char no=”1″ char=”一郎”]手数料を取ることもあるんですね。ちゃんと確認してから書類をもらったほうがいいですね。[/char]

車庫証明を安く済ませる方法

[char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]でも、安心してください。さきほど言った管理会社からの手数料を浮かせて、車庫証明をとれる方法があるんですよ。全ての警察署が対応してくれるわけではないですが、数千円が浮くことになるので、やってみましょう。[/char] [char no=”1″ char=”一郎”]えっ、その方法いいですね![/char]
車庫証明を安くするための書類
  • 駐車場賃貸借契約書
  • 駐車場使用料金の領収書など
[char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]これらの書類を自分で用意して保管場所使用承諾書の代わりに警察署に提出すれば、保管場所を使用する権利があるとみなされるケースがあるようです。[/char] [char no=”1″ char=”一郎”]それが許可されたら、保管場所使用承諾書の書類を管理会社からもらう必要なくなりますね![/char] [char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]駐車場賃貸借契約書などの書類を持っていく場合、先に警察署に電話で確認して持っていくと、二度手間にならずに済みますよ。[/char]

まとめ

まとめ
  • 車庫証明とは、車を保管保管している場所が自宅から2キロ以内でしっかり保管しているという証明書。車の所有者が引っ越ししたら車庫証明の住所の変更も必要になる
  • 月極駐車場の料金ばかりを気にして2キロ以上になって認められないことがあるから車庫探しは自宅からの距離を気にする
  • 車庫証明の変更は自宅の住所が変わって15日以内に変更しないと10万円以下の罰金がとられることがあるため、めんどうでも早めに変更しよう
  • 自動車税の知らせがこないことや、自動車保険が適用されないケースもあるため車庫証明の住所変更は必ずしよう
  • 警察署に行って必要なものは、印鑑、手数料(約2800円ほど)、賃貸契約書のコピー、借りる駐車場の名前や住所がわかるもの、駐車場から自宅までの地図のコピー
  • 同市内や、賃貸マンション、賃貸アパートへ引っ越した場合も車庫証明の住所変更は必要
  • 賃貸の場合は不動産屋が駐車場の地図を用意してくれることがあるが、手数料をとることもあるので確認しよう
  • 不動産屋から手数料を取られる場合、警察署に駐車場賃貸借契約書、または駐車場使用料金の領収書などを持っていくと保管場所使用承諾書のかわりになることがある
[char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]賃貸の場合、不動産屋に確認して、保管場所使用承諾書などに手数料がとられないか確認すると余計なお金がとられなくて済むので、必ず確認してからもらいましょう。[/char]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です