引っ越しの際に荷物が破損したら保証や弁償はどうなる?

引っ越しって無事に終わるまではいろんな不安があると思います。

大きな家具や家電を家から出し入れしなけらばいけないので、どんなアクシデントが起こるかわかりませんよね。

もし引っ越しの際に荷物破損してしまったらどうしますか?

テレビが壊れたり、新築の床にキズがついた場合は弁償してもらえるのか知っておきたいですよね。

この記事では後からトラブルにならないためにどんなふうに保証されるのかをまとめました。

 

 

破損した場合は約款にもとずいて補償されます

[char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]引っ越し作業中や運送中に、引っ越し会社のスタッフが破損や紛失などの損害を与えた場合は標準引越約款によって補償することが定められています。[/char] [char no=”1″ char=”一郎”]そんなルールがあるなら安心ですね。[/char]

第九章 責任

(責任と拳証等)

第二十二条 当店は、自己または使用人、その他運送のために使用した者が、荷物の荷造り、受取、引渡し、保管又は運送に関し注意を怠らなかった事を証明しない限り、荷物その他のものの滅失、き損又は遅延につき損害賠償の責任を負い、速やかに賠償します。

引用元:標準引越約款-全日本トラック協会

つまり、引越し業者は、荷物がなくなったり、壊れたりして何らかの損害が発生した場合、

引っ越し会社が自ら注意を怠ることなく適正な一連の業務をしていたと証明しない限り

損害賠償の責任を負って賠償するということです。(免責事項あり)

また、引っ越し業者は荷物の破損などの万が一の場合に備えて、「運送業者貨物賠償責任保険」などに加入しています。

なので、賠償金が発生した場合は、この保険から支払われます。

[char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]ここで注意しなければいけない所は、破損が起こった時、本当に引っ越し業者の責任といえるかどうかという点です。[/char] [char no=”1″ char=”一郎”]状況によっては難しいのでは?[/char] [char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]実際、多くの破損や紛失などに関する相談がよせられています。[/char]

 

中には、補償されるまでに時間がかかっていたり、破損はあったのに補償されなかったというケースもあります。

[char no=”1″ char=”一郎”]証明するって難しいですね。トラブルの原因なもなりますね。[/char] [char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]引っ越し前に注意点を知っておきましょう[/char]
注意ポイント
  • 引っ越し業者側に責任があれば補償されますが、そのことを証明できるように写真を撮ったり、その場で責任者に確認してもらう。
  • 免責事項(保険金を支払われない場合)の確認。
  • 破損しないような梱包に注意すること。
  • 自分で「引越荷物運送保険」に入る。

 

破損した時の対策

[char no=”1″ char=”一郎”]できるだけトラブルは避けたいので、少し対策を知っておくとどう行動したら良いかわかりますね。[/char]

破損の有無を出来るだけ当日に確認する

時間が経てば経つほど人の記憶はあいまいになっていき、現場の状況を思い出せなくなってしまいます。

[char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]引っ越しで疲れていても、その日のうちに、すべてのダンボール箱を開いて、荷物を確認しましょう。家具の裏側や、底面などのきずきにくい箇所も点検してください。[/char]

 

現場担当者に破損を確認してもらい、責任者の名前を聞いておく

[char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]破損を見つけたら、現場の担当者に確認してもらいましょう。確認する時は、できれば最初から最後まで担当者に立ち合ってもらうとより確実です。[/char]

原因がはっきりとわからない段階では、担当者を責めるのではなく、破損しているという事実を確認して担当責任者の名前を確認しておきましょう。

具体的な補償についての交渉は後日、責任者と話し合う

その後、破損の責任が業者にあるのかどうかを検証します。

[char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]業者の対応によっては感情的になってしまう事もますが、なるべく交渉がすすむよう落ち着いて対応しましょう。[/char]

 

後になって破損に気付いた場合はできるだけ早く連絡する

約款では、破損について申し立てができるのは、引っ越し日から3カ月以内です。

    [char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]後から破損に気付いた場合はできるだけ早く連絡しましょう。[/char]

    破損の場合、どんなふうに補償や弁償されるのか

    業者が加入する保険」と「依頼者が自身で加入する保険」を簡単に比べてみました。

    ※それぞれの引っ越し業者が扱っている、保険の種類によって補償内容や補償額の違いがあるので、見積の際に確認しましょう。

    保険名 保険料負担 お支払いする主な損害

    お支払いできない主な損害

    弁償基準
    運送業者貨物賠償責任保険

    (業者が加入する保険)

    業者
    • 荷物運搬中に作業員が壁を擦ってしまい、家具にキズををつけてしまった
    • 搬入中に業者が床にキズをつけた場合
    • 搬入時に作業員が冷蔵庫を落として下の角部分がつぶれた
    • 業者が運送中に落下して液晶テレビの画面のにヒビがはいったり、割れてしまった場合

    など

    • 荷主から申告を受けていない貴重品、骨董品、高価品など壊れやすい物を破損、紛失した場合
    • 荷主が荷造りして段ボールの外観に損傷がなく、中の荷物が破損していた場合(梱包不良)
    • 引っ越し業者のトラックが衝突され家具や荷物が破損した場合(交通事故
    • 火災、爆発による損害
    • 天災、台風、洪水による損害

    など

     

    基本的に修理

    専門家による修理、復元が原則

    修理が難しい物は代替品

    復元不可能の場合は購入時ではなく時価が賠償額となる。

    引越荷物運送保険

    (依頼者が加入する保険)

    依頼者

     

    • 輸送中にタンスが破損した
    • 〃  に洋服が汚れた
    • 搬入中におそろいの食器6個中2個が割れた(割れた分のみ)
    • 搬入中に引っ越し先の床にキズが付いた

    など

    • 遅延による損害
    • 果物、野菜など自然による腐敗
    • 布団が濡れたことによる貸し布団代ホテル代など
    • パソコンに保存されたデータが失われた場合にえられなくなった利益
    • 地震、戦争、暴動などによる損害
    • 美術品、骨董品、貴重品に発生した格落ち損害

    など

    再調達価格

    損害品またはそれと同一の質、用途、能力のものを事故時点で再調達するのに要する額のこと。

     

    保険のルールに従ってタンスや大型家具、床や壁などの破損やキズは修理や補修で対応してもらえます。

    直せる場合は、基本的にはお金ではなく直すことで弁償してくれます

    修理が難しいと判断された場合は、同じような価格帯の代替品と交換になります

    なので、新商品が弁償されるわけではないので気をつけてください。

    市場価格で判断されるので、思い出の品物に対しての付加価値は考慮されません。

     

    まとめ

    • 破損した荷物は約款に基づいて、補償が定められている
    • 注意点は、破損や紛失などの事故が起こった場合、責任の所在がどこにあるのかという事
    • 破損の有無を当日(できるだけ早く)に確認する
    • 破損について申し立てができるのは引っ越し日から3カ月以内
    • 破損した場合の保険の補償は修理、復元が原則
    • 修理できない場合は代替品、復元できない場合は時価が賠償額となる

    引っ越し中に荷物が破損してしまった時などに備えて、業者の約款を確認したり、自分で保険に加入したり対策をとっておくと後からトラブルになる事も少なくなりそうですね。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です