引っ越し前に賃貸契約書を紛失!無くても問題ない?

引っ越し前のバタバタしているうちに、今の部屋の賃貸契約書紛失してしまった!どうしよう…退去時も必要なのかな?敷金が返却されない?なんて不安を抱えていませんか?

賃貸契約書は貸主と借主の契約を交わすうえで大切な書類です。

今回はそんな大事な賃貸契約書をなくしてしまった場合、どうすればいいのか、また、なくしてしまったことで起きるデメリットを紹介していきます。

これを読めば、賃貸契約書が必要なのか、今持っていなくても問題なく安心して引っ越しができるのか、不安がサクッと解決できますよ!

賃貸契約書を無くしても大丈夫?

 

[char no=”1″ char=”一郎”]これから引っ越そうと思っているのですが、賃貸借契約書を無くしてしまいました!あれがないと敷金返ってこないですよね!?[/char] [char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]相変わらずよくモノをなくすね、一郎くん…。賃貸借契約書がなくても敷金は返ってくるよ。あれはそもそも控えだから部屋を解約するときには特に必要はないものだよ。[/char] [char no=”1″ char=”一郎”]それならよかったです!安心しました![/char] [char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]ただ、内容を把握しておかないと、後々トラブルのもとになりますよ。[/char] [char no=”1″ char=”一郎”]トラブルの元?一体どんなトラブルですか?[/char]

賃貸借契約書がないと困るケース

契約書がないと起きるトラブル
  • 退去時に鍵の交換費用を取られるか
  • 更新月や更新料など確認できない
  • 備え付けの家具家電がある場合、壊れた費用が自費負担か確認できない
  • 契約期間内に解除する際の違約金など確認できない
  • 敷金が管理会社や大家から振り込まれなかった場合に連絡できない
[char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]これからこのトラブルについて紹介していきますね。[/char]

退去時に鍵の交換費用を取られるか

鍵交換代について質問があります。
先日賃貸物件の審査を行ない、審査を通過したので、賃貸契約を進めていました。

5月16日内覧
5月30日契約書に押印
6月6日契約開始
上記のとおり予定していました。

しかし、管理会社の条件や対応等に不満があり、5月29日に契約を見送りたい不動産屋へ電話連絡しました。

6月3日になり不動産屋から、
キャンセルならば鍵交換代を負担いただきたい、との電話がありました。

この時点で、初期費用も未払で、契約書にもサイン押印はしていません。
また、審査前に不動産屋から、審査後は鍵交換代がかかる等の説明は一切ありませんでした。
※物件の資料にも書かれていません。

そして、交換を本当に行なったのか管理会社を信用できません。

この場合、鍵交換代を支払う必要はあるのでしょうか?

参照 いえらぶ

[char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]悪質な業者の場合、このように賃貸契約が正式に済んでいないうちから勝手に鍵交換を行って費用を請求するようなことがあるようです。このようにおかしいと感じたらすぐに支払いに応じずに、宅建協会消費者センター法テラスなど、専門家へ相談しましょう。[/char] [char no=”1″ char=”一郎”]無料で使えますか?それぞれどんなものなのか詳しく知りたいです。[/char]
管理会社や大家とトラブルが起きた時
  • 宅建協会…不動産に関するトラブルを無料電話相談で受け付けている。賃貸契約など、不安を覚えたときにまずは相談してみましょう。
  • 消費者センター…商品やサービスなど、消費生活全般の苦情などを受け付けています。通話料金はかかるようです。
  • 法テラス…国によって設立された法的トラブルになりそうなものを相談するものです。電話相談ののち、担当地区の弁護士へ無料相談できます。その後本格的に調査などをしてもらうには費用が掛かりますが、経済的余裕がない人は費用の建て替えをすることもできます。
[char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]不動産会社や管理会社などに不安を感じた場合や、契約書におかしな点があった場合、上記の団体のどこかに相談してみることがいいでしょう。[/char] [char no=”1″ char=”一郎”]費用の面もあまり心配することがなくて、もし何かあった場合でも気軽に相談できますね![/char]

更新月や更新料など確認できない

[char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]賃貸には大抵2年ごとなど、数年おきに更新料を取られるものですよ。その更新料が発生する前に引っ越したい場合、料金や、正確な日にちを確認できないと、引っ越し前に更新料が発生してしまったりします。[/char] [char no=”1″ char=”一郎”]それは怖いですね…。[/char] [char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]ちなみに更新料の相場は、こんな感じになっているよ。まとめてみたから見てください。[/char]
更新料の相場
  • 一カ月分の家賃+仲介不動産屋に家賃の半分+火災保険+保証会社の更新料
  • 火災保険も大抵2カ月更新
  • 保証会社も家賃の更新ごとに取られることが多い

 ※つまり、家賃の一カ月半~2カ月分の資金が必要

[char no=”1″ char=”一郎”]家賃の二ヶ月分なんて大金じゃないですか![/char] [char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]そうだよ。一郎くんはちゃんと更新月とか気にしているかい?引っ越したい予定があるならしっかり確認しておきましょう。[/char]

備え付けの家具家電が故障したときに自費負担か確認できない

[char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]レオパレスのような家具家電付きの物件に住んでいた場合、備え付けの家具家電を壊してしまったら、自費負担になるようです。古くて自然と壊れた場合は、貸主側の負担になるようですよ。こちらもしっかりと契約書で確認しましょう。[/char] [char no=”1″ char=”一郎”]確かに自費負担かどうか分からないのは困りますね。家電は壊れたら普段の生活に困るし…。[/char]
経年劣化で修理や交換してもらえるかもしれない家電
  • 給湯器
  • 換気扇
  • コンロ
  • エアコン
  • 水回りの備品
[char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]これらの備え付け家電は修理や交換してもらえる可能性が高いです。ただし、エアコンやコンロなど、備え付けではない場合、前の住民がそのまま残していったものである場合もあります。そうなると備え付けのものではないので修理が自己負担になります。どの家電が備え付けのものなのか事前に契約書で確認しておくと安心ですよ。[/char]

契約期間内に解除する際の違約金など確認できない

[char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]賃貸は基本的には2年契約です。そのため、途中で解約したいということになったら、違約金が発生する場合があります。[/char]
違約金を取られるケース
  • 家賃が相場より安い物件に住んでいる場合
  • 初期費用が安かった場合
  • 退去予告が遅いと余分に家賃を払わなければならない
  • 短期間だと違約金がとられるケースもある
[char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]短期間だと違約金が発生するケースは家賃が相場より安い物件の場合や、初期費用が安い場合に発生するようですよ。[/char] [char no=”1″ char=”一郎”]どうしよう、家賃が相場より安いから当てはまっているかもしれないです。[/char] [char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]そういった場合も契約書を見て確認することが大事ですね。[/char]

敷金が管理会社や大家から振り込まれなかった場合に連絡できない

[char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]敷金が返ってこないケースは2つあります。[/char]
敷金が返ってこないケース
  • 大家や管理会社が悪質な場合
  • 契約書に最初から敷金は返却しないと書かれていた場合

大家や管理会社が悪質な場合

[char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]悪質な管理会社や大家だと、経年劣化の分の費用まで取ってきて敷金が返却どころか支払いを命じられることもあるようです。[/char]

築40年以上になる鉄筋のマンションに、10年住みました。
敷金として13万、駐車場2台の敷金に2万で、15万払っていました。
先日、退去の際に、土建業者2人と大家さん立合いのもと、修繕の確認をしました。
土建業者の方に、「10年も住んでいたとは思えないくらいキレイ」「今まで見た中で一番キレイ」と言っていただけるほど、丁寧に住んでいました。目立つところと言えば、洗面台に物を落としてヒビを入れてしまっていたくらいで、あとは経年劣化です。
しかし、大家さんから言われたことは、

・12畳ある畳全ての表替え(日焼けは窓側の2枚のみ)
・12枚あった戸ふすまの全ての張替え(やぶれていたのは4枚)
・全ての壁の塗り替え(汚れなし・入った当時から塗られていなかった壁あり)
・3枚の網戸の全ての張替え
・ひびの入った窓1枚(温度変化によるもの・他の号室でも有)
・洗面台の取替え

で、23万の請求でした。
そこから敷金の15万を引くと、8万。
「窓と網戸3万は、こちらで直します」と言われ、残りの5万を振り込んでくださいと。
結局、合計20万も支払うことになりました。

参照 yahoo!不動産

[char no=”1″ char=”一郎”]これはひどいですね…。10年も経っていたら経年変化しているものがほとんどだから自分で破損したもの以外は原状回復の必要はないはずなのに。[/char] [char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]そうだね。揉めたくないからと払ってしまうと同意したということになって、あとから訴えるなども難しくなるようですよ。[/char]

契約書に最初から敷金は返却しないと書かれていた場合

不動産業者の事務所に戻り、契約を進めようと思い契約書を見ると「敷金は返却しないものとする」という文言があり、不動産業者の担当者に尋ねると「ここの大家さんは、いつも敷金は返金しないのです」と言われました。これまでの引っ越しでそのようなことはなかったのですが、これは普通にあることでしょうか?

参照 キャッシュバック賃貸

[char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]また、戻ってくるはずだと思っていた敷金は実は一切返却しないと契約書に書いてあるケースもあるようです。[/char] [char no=”1″ char=”一郎”]どうしてそんなことが書いてあるのですか?敷金は返却されるものだとばかり思ってました![/char] [char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]大家さんが原状回復のことで、敷金をいくら返すか、返さないかそういったことで揉めるのを避けるためのようです。そもそも契約書は部屋を契約するときに書くものなので、最初に目を通しているはずです。しっかり確認してから入居を決めましょう。[/char]

賃貸契約書を確認したい場合はどうする?

[char no=”1″ char=”一郎”]賃貸契約書をなくしてしまったらどうすればいいでしょうか?再発行などはできますか?[/char] [char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]賃貸契約書を再発行をすることは基本的にはできないようです。再発行をしてしまうと、契約書の内容が正確に証明できなくなってしまうためです。[/char] [char no=”1″ char=”一郎”]ではなくしてしまったらどうすればいいですか?[/char]

契約書の内容は複写で確認しよう

[char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]賃貸契約を交わした不動産会社へ行って賃貸契約の内容が確認したいことを言いましょう。複写した貸主が管理している契約書があるはずなので、その複写をコピーしてもらいましょう。[/char] [char no=”1″ char=”一郎”]そんな簡単にもらえるものなのですね。ちょっとビックリしました。もし、そんなこと頼むとこの人は管理がずさんな人だという認識されてしまって、次に賃貸契約するときに何か不利なってしまうことってないですか?[/char] [char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]よっぽど悪質な場合でなければそのようなことは起きないから安心して大丈夫ですよ。[/char]

まとめ

まとめ
  • 賃貸契約書をなくしても敷金は返却されるが、内容をしっかりと把握していないとトラブルの元になる
  • 賃貸契約書がないと困るケースは、退去時の鍵交換費用を取られるのか
  • 更新月や更新料が確認できなくて引っ越しするタイミングに更新料が取られてしまう
  • 契約期間内に解除する際に違約金など確認できない
  • 敷金が返却されなかった場合、なぜ返却されなかったのか確認できない
  • 賃貸契約書の内容を確認したい場合、契約書を交わした不動産会社へ行って、不動産会社が持っている複写をコピーしてもらおう
[char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]よっぽどのトラブルなど起きなければ、そんなに必要になるケースは少ないようです。が、何が起きるのかは分からないので、いざというときに必要な場合に困るので、なるべく手元に持っておき、引っ越しをして敷金が返却されるまでは捨てずに保管しておくことがいいですよ。[/char]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です