引っ越しの時に標識交付証明を紛失!!再発行は必要なの?

引っ越し時には様々なものを紛失しがちです。

証明書がないと困ってしまう場面もあります。

再発行方法は簡単ですので、紛失してしまった方はすぐに再発行しましょう。

また、引っ越しの際に失くしてしまった場合は再発行をしなくても良い場合もあります。

この記事では原付等を所有している方が持っている大事な書類、
標識交付証明書』の再発行方法について解説していきます。

原付の住所変更

[char no=”1″ char=”一郎”]引っ越しをするんです。
原付を持っているのですが、何か手続きは必要なのでしょうか。[/char] [char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]引っ越しの際は同じ市区町村なのか、そうでないかで違うよ。[/char]
同じ市区町村内 手続き不要(転居届を出せばOK)
市区町村外 手続き要
[char no=”1″ char=”一郎”]市外などに引っ越しする時は手続きが必要なんですね。[/char]

住所変更手続き(市区町村外への引っ越しの場合)

現在お住いの市区町村外へ引っ越しをする場合は、標識交付証明を再発行する必要がありません。

[char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]一般的な住所変更の流れでは旧住所で標識交付証明を再発行しなくてもいいんだよ。
まずは、一般的な住所変更の流れを見ていくね。
[/char]

一般的な住所変更

【廃車申請】必要なもの
  • 軽自動車税廃車申告書兼標識返納書(廃車申告書)←役所にあります。事前にダウンロード出来る自治体もあります。
  • 標識交付証明書(紛失した場合は不要)
  • ナンバープレート
  • 本人確認書類
  • 印鑑
[char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]廃車申請をすると『廃車申告受付書(廃車証明)』を受け取ります。
これが新住所で手続きをする際に必要になるので、紛失しないようにしてくださいね。
[/char]
【登録時】必要なもの
  • 廃車申告受付書(廃車証明書)
  • 印鑑
  • 新住所を確認できる本人確認書類
手続きの流れ
  1. 現住所の役場で廃車申請をする
  2. 新住所の役場で登録申請をする(移転後15日以内)
[char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]廃車申請をすると、登録するまで公道はもう走れないんだ。[/char] [char no=”1″ char=”一郎”]えっ!
引っ越しをしたらすぐに原付で通勤したいので、それは困ります。[/char] [char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]そうしたら、新住所の役場で廃車・登録の同時申請をする方法もあるよ。
だけど、その際は標識交付証明が必要なんだ。[/char]

新住所で廃車・登録手続きを同時に行う

必要なもの
  • 現在のナンバープレート
  • 標識交付証明書(旧住所での)
  • 印鑑
  • 本人確認書類
[char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]必要なものを持って、新住所の役場へ行こう。
新住所の方で廃車手続きも行ってくれるよ。[/char] [char no=”1″ char=”一郎”]これなら原付がずっと使える訳ですね。[/char]

各自治体によって、手続きが出来るか出来ないかなど違いがあります。
引っ越し前にご自身の自治体のHPを確認下さいね。

 

再発行方法

[char no=”1″ char=”一郎”]新住所で登録・廃車を同時にしたいのですが、
『標識交付証明書』を失くしてしまったようです。
再発行できますか。[/char] [char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]心配しないで、一郎君。
再発行は出来るよ。[/char] [char no=”1″ char=”一郎”]再発行の方法を教えて下さい。[/char] [char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]これから解説していくね。[/char]

どこで手続きできるの

再発行の手続きは原付のナンバープレートが交付された市区町村役場の窓口で出来ます。

市区町村によって窓口の名称が異なりますが、税務課、納税課、市民税課などです。

事前に手続きする役場のHPを確認していきましょう。

必要なもの

一般的な必要なものは以下です。

  • 本人確認書類(運転免許証など)
  • 印鑑
  • 再交付申請書
[char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]再発行申請書は窓口にも備え付けられているし、
各自治体のHPからもダウンロードも出来るよ。[/char]

引用:横浜市HP

[char no=”1″ char=”一郎”]標識番号って何のことですか。[/char] [char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]一郎君の原付のナンバープレートの番号のことだよ。[/char]

印鑑が要らない自治体もありますので、
こちらも事前に申請する自治体のHPを確認してみて下さい。

再発行手数料

再発行手数料は無料です。

[char no=”1″ char=”一郎”]タダで再発行してもらえるんですね。
助かります。[/char]

再発行にかかる時

この証明書は即日発行してもらえます。

窓口の混雑状況によってどれくらい待つかは異なってくるでしょう。

郵送での手続きも出来る

自治体によっては郵送での再発行を受付けしています。

郵送での再発行方法は各自治体で異なるようですので、HP等で確認して下さい。

※ ご来庁が困難な場合は、郵送による再交付申請も受付しております。
   郵送による再交付申請方法は、税務課収納管理係にお問い合わせください。

引用:葛飾区HP

代理人申請も出来る

本人以外にも同居の親族などが申請出来る場合もあります。

その際には『委任状』や『譲渡証明書』が必要になります。

[char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]委任状や譲渡証明書は自治体のHPからダウンロードできるようになっているよ。[/char] [char no=”1″ char=”一郎”]手続き出来るかどうかなども自治体によりますよね?[/char] [char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]そうなんだ。必要な書類も変わってくるから事前に確認しようね。[/char]

引っ越し後に気づいた転出届の紛失!再発行してもらえるの?

 

そもそも標識交付証明書って

標識交付証明書とは

[char no=”1″ char=”一郎”]そもそも標識交付証明ってどんなものでしたっけ。[/char] [char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]標識交付証明書は125㏄以下の原付や小型特殊自動車(農作業や工場などで使われる車)の所有者に、お住いの市区町村が交付する書類だよ。
『標識』ってナンバープレートのことを指しているんだ。
記載事項は市区町村によって違ってくるんだ。[/char]
標識交付証明に記載されている事項(例)
  • 標識番号(ナンバープレート)
  • 車台番号
  • 車名(メーカー名)
  • 型式
  • 排気量
  • 納税義務者の住所・氏名・電話番号
[char no=”1″ char=”一郎”]なんか車の車検証に似ていますね。[/char] [char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]原付には車検証という制度はないから、
これが車検証みたいな感じになるから大事なものなんだよ。[/char]

必要になる場面

[char no=”1″ char=”一郎”]大事なものっていうことは、ないと困る場面があるってことですね。[/char] [char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]さすが一郎君、分かっているではないですか。
下に必要になる場面についてまとめてみたよ。[/char]
標識交付証明が必要な場面
  • 廃車にする場合
  • 乗り換える場合
  • 名義を変更する場合
  • 自賠責保険に加入する場合
[char no=”3″ char=”引っ越しトレーナー”]紛失したことに気づいたら、再発行しておきましょう。
必要な場面は突然やってくるものです。[/char]

 

まとめ

  • 原付を持っている人は引っ越しをしたら住所変更が必要
  • 廃車申請時には紛失したままでも大丈夫
  • 新住所で登録・廃車を同時申請したいときは標識交付証明書が必要
  • 再発行手続きは簡単
  • 標識交付証明が必要になる場面があるから、紛失と気づいたら再発行を

本記事では『標識交付証明』について解説してきました。

少しでも引っ越しを控えている方や既に引っ越しを完了して、住所変更の手続きについて悩まれている方のお役に立てたら幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です